マット先生と一緒に2018年07月09日 08:10

7月7日、8日に受講したマット先生と一緒に写真を取らせていただきました。

これからの歯科医が学ぶべき真のメタルフリー治療と最新の分子栄養学について2018年07月09日 07:35

7月7日、8日両日にマットヤング先生のデモンストレーション及びセミナーを受講してきました。
当医院でもオリゴスキャンを用いた重金属の生体蓄積検査及びミネラル測定検査は行っているのですが更なる深みのある、お話を聞かせていただきました。
そしてデモンストレーションではオゾンガスを使用した歯科治療について最新の治療法についても体験実習することができ有意義な2日間でした。
それから再認識させられたのがフッ化物に関連する健康リスクです、下記のような健康リスクがあることに改めてびっくりさせられました。
1.ニキビおよび他の皮膚の状態
2.心不全
3.糖尿病
4.高血圧
5.低出生率
6.変形性関節症
7.動脈石灰化
8.女の子の早い思春期
9.IQの低下
10.骨の衰弱と骨折
11.骨のがん
12.歯科フッ素症
13.胎児の脳を破壊する
14.ヨウ素欠乏症
15.甲状腺機能不全
16.不眠症
17.骨格フッ素症
18.認知障害
19.心筋欠陥
20.ADDおよびその他の神経毒性欠陥
21.TMD関節の問題

BlackBoxII2018年02月13日 07:37

欧米諸国で急速な広まりを見せる解毒法が日本上陸(アメリカ初のデトックス治療法)      
対象となる方や症状  
今まで有効な治療方法が無かった様々な症例に適応で、欧米でも高い評価を得ております。 
     
自閉症・ADHD・発達障害うつ等精神疾患全般アマルガム(歯の詰物)他・重金属蓄積による体調不全関節リウマチ、アトピーなど自己免疫疾患慢性疲労症候群副腎疲労ウイルス感染

当初はデトックスキューブ、ブラックボックスで行っていましたがさらにバージョンアップされた水銀のみならずすべての重金属に対応した、ブラックボックスIIが登場しました。

副作用もなく安全安心なデトックス法です。

アドレナルファティーグセミナー20182018年01月17日 08:45

14日東京にてアドレナルファティーグ2018セミナーを受講してきました。
アメリカからMAPS(Medical Academy of Pediatrics Special needs)の会長であり、自閉症治療のスーパードクターのDr.Dan Rossignol(ダン・ロシニョール)先生の来日特別講演と合あって、医師、歯科医師はもとより一般参加の人も含め大勢の受講者で大盛況でした。
MAPS(米国自閉症児治療学会)は科学論文に基づいたバイオロジカル療法やサプリメント服用法などの自閉症治療の普及、発展に寄与するための学会組織であり、医療従事者を対象に教育とフェローシップの提供のための学会を開催している。
その会長の檀先生のお話ということで、発達障害のお子さんを持つご家族の方々の参加も多数あり、質疑応答ではたくさんの質問が出ていました。沖縄からも一般の方が参加されておりました。

水の真実と栄養の嘘2017年12月25日 14:46

先日、「今年最後のセミナーに参加してきました、

2017 年度 QSS JAPAN TEAM イヤーエンドセミナー

講義テーマ「水の真実と栄養の嘘」
2017 年 12 月 23 日 紀尾井ガーデンカンファレンス

プログラム
. TokyoDD Clinic 院長 内科医 内海聡先生
   「医薬学と栄養学の根本的問題」
. QSS JAPAN TEAM ナビゲーター 笹塚歯科 歯学博士 木村一相先生
  「Quinton マリンテラピー(海水療法)その深遠な世界」
. オフィス・マサル・エモト代表/IHM 総合研究所所長 理学博士 根本泰行先生
   「最新の水の科学:水と情報とエネルギーの関係について」
. QSS JAPAN TEAM ナビゲーター ブルークリニック青山内藤統合医療センター 院長 医学博士 内藤真礼生先生
  「細胞外マトリックス環境改善による線維化疾患への治療効果」 ~リポソーマルグルタチオンとQuinton による肝硬変・肺線維症の治療効果~
. 医療法人再生未来理事長 工学博士 QSS JAPAN TEAM 相談役 乾利夫先生
  「第二世代 GcMAF と初乳 MAF の臨床効果」

改めてQuinton 水のすばらしさを理解することができました。サプリメンテーションでは不可能なミネラルバランスがQuinton 水には整っているということ、それは、我々の進化が海水から始まっていて、海水と血液の成分がほとんど一緒だということもうなずけます。
リポゾーマルサプリメントのParacellular Transportによる舌下からの吸収による効果、Push and Catchによる解毒システム
また初乳MAFにおいても新たな実証を聞くことができ、グリア細胞の活性化による神経細胞の保護や毛母細胞の活性化による発毛などますます臨床応用が広がってきました。実のあるYEAR END SEMINAR 2017 でした。

グローバル認定医証が届きました。2017年12月02日 13:54

7月に参加した、コロラドでのグローバル認定研修会の認定証が届きました。人間の健康には究極的には解毒が大事だということ、そこに関わるリポソーマル化されたサプリメントによる解毒が細胞内からも解毒してくれるということの素晴らしさが改めて感じさせられました。(従来の方法ではできなかった解毒法)

認定証・特別講習会修了証2017年07月24日 07:48

カリソルブ、ペリソルブ認定証・特別講習会修了証が届きました

カリソルブ、ペリソルブ治療2017年07月19日 12:08

去った6月25日、カリソルブ、ペリソルブというテレビでも紹介されました最新の歯科治療について勉強してきました。 詳しくは下記URLを覗いてみてください。 http://www.denmatpartnerjapan.com/products/carisolv/ http://www.denmatpartnerjapan.com/products/perisolv/ 歯科治療の日進月歩で進んでいます。 保険導入とまではなかなかいきませんが、希望する患者のいると思います。しかし原点はむし歯を作らないことや歯周病にならないよう予防が一番ですね

グローバル認定医コロラド研修に参加してきました。2017年07月04日 11:18

研修の報告の前に、いつも研修参加のたびに休診を余儀なくされ患者様へは迷惑をおかけいたしております、お詫び申し上げます。 さて今回の研修はコロラド州デンバーのボルダーで行われました。 以前から何度かブログでもお話していたように 従来のデトックス治療では、細胞内に閉じ込められた水銀を既存のキレート剤では細胞内に入り込んで捕まえることは出来ないが細胞内に入ってなおかつ細胞外へ排泄を促す最新のデトックスシステムであるということでこれまでにない素晴らしい、体にやさしいデトックス方法 のサプリメント工場見学に加え、グローバル認定医としての研修会に参加し、さらなる進化を遂げているデトックス方法について学んできました、今回の要は胆汁をいかに出させるか、胆汁で抱合された重金属を再循環させないようにバインディングして排泄させるということでした。  http://www.qssjapan.com/new-detox-system/

アドレナルファティーグセミナー2017年06月13日 10:48

先日、アドレナルファティーグセミナーを受講してきました。 とくに尿有機酸検査、尿アミノ酸検査について学んできました。 体内からの代謝産物から体内の異変を調べたり、体内に足りないもの多いものなどを把握し治療につなげていくという内容で、副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)へのアプローチについて大変勉強になりました、もちろん口腔内のアマルガムも代謝に多大な影響を及ぼしているということも確認できました。