認定証・特別講習会修了証2017年07月24日 07:48

カリソルブ、ペリソルブ認定証・特別講習会修了証が届きました

カリソルブ、ペリソルブ治療2017年07月19日 12:08

去った6月25日、カリソルブ、ペリソルブというテレビでも紹介されました最新の歯科治療について勉強してきました。 詳しくは下記URLを覗いてみてください。 http://www.denmatpartnerjapan.com/products/carisolv/ http://www.denmatpartnerjapan.com/products/perisolv/ 歯科治療の日進月歩で進んでいます。 保険導入とまではなかなかいきませんが、希望する患者のいると思います。しかし原点はむし歯を作らないことや歯周病にならないよう予防が一番ですね

グローバル認定医コロラド研修に参加してきました。2017年07月04日 11:18

研修の報告の前に、いつも研修参加のたびに休診を余儀なくされ患者様へは迷惑をおかけいたしております、お詫び申し上げます。 さて今回の研修はコロラド州デンバーのボルダーで行われました。 以前から何度かブログでもお話していたように 従来のデトックス治療では、細胞内に閉じ込められた水銀を既存のキレート剤では細胞内に入り込んで捕まえることは出来ないが細胞内に入ってなおかつ細胞外へ排泄を促す最新のデトックスシステムであるということでこれまでにない素晴らしい、体にやさしいデトックス方法 のサプリメント工場見学に加え、グローバル認定医としての研修会に参加し、さらなる進化を遂げているデトックス方法について学んできました、今回の要は胆汁をいかに出させるか、胆汁で抱合された重金属を再循環させないようにバインディングして排泄させるということでした。  http://www.qssjapan.com/new-detox-system/

アドレナルファティーグセミナー2017年06月13日 10:48

先日、アドレナルファティーグセミナーを受講してきました。 とくに尿有機酸検査、尿アミノ酸検査について学んできました。 体内からの代謝産物から体内の異変を調べたり、体内に足りないもの多いものなどを把握し治療につなげていくという内容で、副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)へのアプローチについて大変勉強になりました、もちろん口腔内のアマルガムも代謝に多大な影響を及ぼしているということも確認できました。

日本メタルフリー歯科学会認定医証2017年03月31日 17:33

昨年取得した、日本メタルフリー歯科学会の認定医証がやっと?!届きました。 これからも、金属によるアレルギーや不定愁訴を減らしていけるよう頑張ってまいります。

Quinton Docto’s Seminarに参加してきました2017年03月21日 10:10

以前、ブログでもお話ししました「Quinton Marine therapy 」ですがお読みいただいてますでしょうか?(2016/08/02) Quintonを用いた最先端の医療を勉強することができました。 医科の分野でも歯科の分野でも活用できかつ副作用のない療法です。 ヨーロッパでは、皮膚科、におけるニキビ、湿疹、乾癬等々消化器科における便秘、過敏性腸症候群、下痢、胃炎等々また婦人科においても月経困難、骨粗しょう症、など小児科では栄養不良、脱水など内分泌科では糖尿病、慢性疲労、低血圧、甲状腺などはたまた、神経科では多発性硬化症、パーキンソン病、アルツハイマー病、などなど関節炎、筋肉痛、線維筋痛症、リウマチ、にも応用されているようです、 歯科においては、ここからが重要なのですがむし歯の予防、抜歯後の消毒、歯肉炎、歯肉出血、歯周炎など歯肉の健康に応用してます。 お興味のある方はぜひ御相談ください。 日本ではまだまだ始まったばかりの療法ですがヨーロッパでは昔から行われてきている療法です。

初乳MAFについて2016年12月20日 08:43

初乳MAFについてお話を聞くことができましたので、少々お話ししたいと思います。 先進医療国際会議で紹介されたそうです。 出産時に最初にお母さんの母乳を初乳といいますよね、その初乳には赤ちゃんの体にとって必要な栄養素や免疫物質が多く含まれており、細菌やウイルス、様々な病気から赤ちゃんを守ります。 初乳MAFは牛の初乳から作られた食品ですが、人間への効果として 下記のような報告があります。 1.免疫力向上 2.風邪やインフルエンザの予防、ロタウイルスなどの感染症予防 3.腸の修復作用 4.筋力や体力の増強効果 5.アンチエイジング効果 人間の免疫力のピークは20歳台で、40歳台になると半減し、免疫力が下がると共に、様々な病気にかかりやすくなるといわれています。 免疫力を高め、免疫年令を若く保つことは、元気で長生きするための必要条件と考えられています。 初乳MAFが一助となればと思っております。

第4回ミネラル有害金属セミナー2016年12月19日 11:51

先日、第4回ミネラル有害金属セミナに参加してきました。 Dr.RaymondTheodorusBerendPahlplatz先生からは非常に興味あるお話が聞けました、 人の脂肪細胞が56歳ころを迎えるとこれまで脂肪細胞にため込んでいた毒素が脂肪細胞の変性により放出されいろいろな病気を発生させるという、それが高血圧であったり、あるいはがんであったりと色々と起こってくるということでした。 ですので最低60歳になるころまでにはデトックスを行い脂肪細胞の毒素をなくしてしまうことを進めていました。 また沖縄でよく食べられているコンブについてはMg.Si,Zn,Seなどを豊富に含んだデトックス食材であり、血流をよくし、乳酸を作らせない、タウリンが多いなどの効果についてもお話しされてました。 皆さんコンブを食べましょう、くーぶいりチャーなんていいかもです(笑)

第8回日本メタルフリー歯科学会 学術大会参加2016年11月28日 08:33

先日、第8回日本メタルフリー歯科学会 学術大会に参加してきました。 歯科における金属及び材料における金属アレルギーについて色々と勉強してきました。 日常臨床で使用している材料においてもアレルギーとなるものが多々あり、知らず知らずに金属アレルギー患者を作っている可能性があるということもわかり(因果関係は100%わかっておりませんが)、可能性を0にするためには金属やアレルギー性のある材料を使用しないということあるいは代替材料に切り替えるということを考えさせられました。 また、基礎研究から見た金属アレルギーということで徳島大学病院歯科・第一補綴科の渡邊先生による金属アレルギーのメカニズムはとても興味深いお話でした。 日々の臨床に大変役立つものとなりました。

臨床分子栄養医学研究会 認定証2016年09月28日 08:48

分子整合栄養学を初めてかれこれ2年半にもなりますが、こんなものをいただきました。まだまだ道半ばですが励みになります。 昨日もテレビで医師が選んだベストドクター治らない症状を解明!!という内容の番組を見てたのですが、原因もわからない症状に悩まされ続け、年のせいだとか、気のせいだとか、精神疾患だとか、ドクターに言われ納得がいかず、ドクターショッピングを続けている患者さんがいるということ、実は私もかつて原因不明の症状に悩まされ続けドクターショッピングをした経験があり、最終的には精神疾患扱いされてしまい途方に暮れていた時期がありました。インターネット、書籍等を利用してありとあらゆる分野の病気、原因を調べ、その結果、分子整合栄養療法という学問を知りのめりこんでいったということです。 幸いにも私はドクターという立場にあったので、その学問を勉強している中で栄養素というものを自己責任の下、自身の体に試していった結果、これまで原因不明と思われていた症状の原因がわかり、徐々に快方に向かっていった経緯があります。 この学問はすべての医学に通じ、私の得意分野である歯学の分野でも十分に行えるということ、これまでになかった歯科治療というものになりえるのではないか、口から始まる全身疾患というところをさらに深く感じているところです。 分子栄養学を学び続けている方は、自身の悩みであったり、自分の子供など家族の悩み(病院では原因不明で長年色々な症状に悩まされたり、自閉症とか統合失調症とか慢性疲労とか)であったりということをきっかけで始め、続けている方が多いかと思います。 だからこそ悩みを持っている人の力になれるのかもしれません、対処療法でなく原因療法、薬を使わない治療、を考え続けてこれからも分子整合栄養療法というものを学んでいきたいと思っているところです。(西洋医学を否定するものではありません)